<< 迷いM.ダックスフントの仔犬◆最終編 | main | 手作りでキャットタワーを作ってみたwww >>
迷いM.ダックスフントの仔犬:Timmyのパパさん
0
    こんばんは、北野と院長です。

    うれしいお知らせです
     
    保護犬・M.ダックスフントのTimmy(ティミー)の広島の新しいファミリーからお便り(メール)が来ました

    広島はいいとこじゃけん
    (も、もう広島弁?Timmy・・・君はいい性格ですよ、ホントに

    Timmyのパパさん、Timmyはケージ越しに病院の足の悪い猫(くうちゃん)がすり寄ってきても、咬んだり威嚇したりすることもない、動物種に関係なくフレンドリーな子でした。

    ウサギのナオ君ともよい関係を築いてほしいと思っています。
    (しかし、ダックスフントは基本的には「ウサギ追い犬」なので、調子にのって狙う眼つきになった時は気をつけてくださいね。)

    男の子のわんちゃんは、去勢をしていないと、2歳前後で「オレ、やっぱ男だし、もう一度リーダーになる。」とがんばる(不服従になる)ときがあります。
    Timmyは足をあげておしっこ(マーキング)しない子ですが、はやめに獣医さんと相談してもらって、将来の精巣腫瘍・前立腺肥大などの病気の予防のためにも、去勢してもらってくださいね。

    こちらでは、「人に静かに服従するトレーニング」を来る日も来る日もしていましたので、できたときには「よしよし、Timmy」と、そのつどほめてあげてくださいね。
    (ちゃんとできないときは、「ワンワン」鳴き始めたTimmyのケージに瞬時に缶が飛んできて<天罰式>、病院中のスタッフがTimmyを無視しましたので、「鳴かないほうがかわいがってもらえる」と理解しているはずです。)

    「ほめる」を繰り返すことで、さらによい子になっていきます。

    そして、スタッフ全員、Timmyのブログを楽しみにしています

    最後に、Timmyパパからのメールです。

    初めまして、こんばんは。

    広島のTimmy’sファミリのTimmyパパです^^

    アリスの皆様、保護されたYさん色々と有り難うございました。

    Timmyは、いたって元気です〜 非常に人懐っこく賢い子ですね^^

    散歩の時、玄関先に3段ほど階段があるのですが、リードを着けるまで階段から下りずに待っています。そのように躾けられていたのでしょうか?

     我が家にはもうもう1匹ウサギ(ネザーランド)のナオ君が居ます、初対面のときはTimmyは大興奮でしたが、2日経った今では、お互い匂いを嗅ぎ合うまで慣れてきました。(良い傾向?)^^


    これから、Timmyのブログを作って動画を載せていこうかと思っています^^

    只今のTimmyは、順位付けで大忙し(*≧m≦*)ププッ 現時点では・・・4番目かな?(*`▽´*)ウヒョヒョ


    パパ→ママ→娘→Timmy→ナオの順です〜

    ブログが出来たら、お知らせします^^
    | TIMMY | 22:25 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    Timmyのブログできました。

    まだ内容は、ありませんが・・・ヽ(;´Д`)ノ

    いちお、報告を〜。
    | Timmyパパ | 2011/08/31 7:43 PM |
    こんばんは、Timmyパパ、院長です。
    Timmyのブログ、内容始まったらぜひ見せてくださいね。
    Timmyがちょっとえらそうにリーダーもどきなことをし始めたことは、Yさんよりお聞きしました。
    どんな素直な仔犬でも、生後8カ月くらいの精子が作られ始めるころから「オレ、男になる。」と反抗期のような数カ月が始まります。
    私たちは犬の扱い方に慣れているので、Timmyとも初対面になめられない工夫をしました(大阪風ですと、ガン飛ばしてケンカにならずに勝つって感じかなあ・・・)。
    というわけで、「はい、私の勝ちね。」とあっけなく勝敗がつきましたが、お写真拝見したところ、パパさんもご家族も皆さまお優しそうですので、Timmyはちょっと調子に乗ったのだと思います。ちなみに、私と勝負がついたときには、Timmyはおしっこもらしながら「す、す、すみません。降参です、ケンカ売る相手を間違えました。」って感じでした。
    だからわざとTimmyが調子にのるように仕向けて、もし咬むようなことがあればしっかりしつけなければと、いろいろ仕掛けてみましたが、そういう動作は見られないままの2ヶ月でした。
    家庭では、生活の様々なところで、犬がリーダーになってしまわないような工夫(アイコンタクトが正確にできているかとか、犬より先に人がごはんとか、犬より先にドアから出るとか・・・)が大切ですので、いろいろ勉強してがんばってみてくださいね!!!
    また、過去のTimmyがもし虐待されていたら、同じしぐさで警戒モードに入るかもしれないね、と病院でひととおり試してみましたが、そういう反撃行為はみられませんでした。ただ、病院で唯一ほわわんとやさしいスタッフには、ビミョーに偉そうでした。
    ご参考になりますかどうか・・・(^^)。
    | Alice | 2011/09/02 10:57 PM |
    いろいろご指導ありがとうございます。^^

    どうも〜娘はなめられている感じのよう?;

    もう他界した前の犬(アメリカンコッカースパニエル)は

    非常に陽気な子でだれでもご主人様って感じでした^^;

    Timmyも陽気な面もありますが・・この子は”偉い”

    と思います。こちらの言う事を大体分かっているようですね!

    今日新発見が・・・コロコロローラーを異常なほど怖がります(汗)

    最初の飼い主に、これで何かされたのかな?と勝手に思ってます。

    ブログ内容出来たら又お知らせします〜。
    | Timmyパパ | 2011/09/04 11:31 PM |
    Timmyパパさんへ

    お気づきですか?
    そうなんです(^^)。Timmyはこちらのいうことを聞いて、「状況を見て・考えて・判断している」ような顔をする、かなりかしこいわんちゃんだと思います。たぶん、うちのドーベルマンが出ている競技会にだすと、いい得点をとるのではないかと思います。誰でも愛想のいい子はうちにもいますが、ちょっとそれとも違う「考える」わんちゃんですよね。
    もし娘さんがなめらていても、パパさんがリーダーシップをとって娘さんへの悪ふざけの行動をコントロールできたら、とたんに娘さんにも従うと思います。しつけの先生にその方法を聞いてくださいね。

    コロコロは病院でも使いますが、気がつかなかったですねえ・・・。
    Timmyが診察室のケージで無駄に要求して吠えると、「ガラガラ音を出す缶」がTimmyのケージに降っていましたが(天罰方式のしつけ)、コロコロと形が似ているので、それを人が故意に動かしていると勘違いしている可能性も・・・??
    もし、理由がわからないまま必要以上に怖がるなら、Timmyの前でコロコロしないようにして、まずは人の傍に行くことが楽しいことで大好きなことになるようにしてあげてくださいね。嫌なことは、できる限り天罰方式で。
    病院では、ほめるが9割、叱るが1割でした。
    がんばってくださいね。

    院長
    | Alice | 2011/09/06 12:04 AM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.aliceah.jp/trackback/30
    トラックバック